Menu

裾野で仏壇を購入する際の注意点

仏壇は亡くなった人をまつるだけのものではありません。本来の意味としては、仏様を礼拝し、ご先祖様に感謝する心を持って、家族全員の心のよりどころとして家庭に設置するものです。そのため、思い立ったその時に購入するのがよいといえます。もしも故人をおまつりするのであれば、四十九日までに必要となります。その後、百日法要や一周忌、三回忌と仏事が続くことになるので、葬儀の後一段落したら、四十九日までに購入しておくとよいでしょう。また家を新築した時に購入するのもよいといえます。昔は分家する時には必ず仏様も一緒に分家しました。そのため家の新築と同様に、仏様の家を購入することは適しているといえます。仏壇を購入することは、人生で何度もあることではありません。もしも裾野で購入する場合には、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

置く場所や方向、大きさを確認しましょう

裾野で仏壇を購入する前に、置く場所を決めておく必要があります。宗派によっても、どの方向に向かって拝めばよいか異なるため、宗派を確認して適切な方向を見極めましょう。一般的には、東向きや南向きに置く人が多いとされています。また置き場所としてふさわしくない場所もあります。直射日光の当たる場所や湿気の多い場所、冷暖房などの風が直接当たるところには置かない方がよいでしょう。置く場所が決まったら、購入する前にどれくらいのサイズのものがよいかを検討します。高さや幅、奥行きなどを確認するのはもちろんのこと、扉をあけることが多いので、扉のことも考えて購入するようにしましょう。また家の中に運び入れる必要があるので、玄関や廊下、窓を通過できるかなどを考える必要もあります。近年では部屋の大きさに合わなくなって、買い替えを検討する人もいるので、将来のことも考えて、どれくらいの大きさにすればよいのか判断するようにしましょう

どのようなお店で購入すればよいのか

置く場所や大きさが決まったら、いよいよ購入するためのお店を選ぶことになります。失敗しないためのお店選びとしては、一つ目にお店に並べている商品を確認してみましょう。ほこりがたまっているお店の場合には、アフターフォローがしっかりなされていない可能性が高いといえます。次に価格についてです。大幅に値引きがされているお店の場合には、最初に設定されている価格が、高い可能性が考えられます。高額な値引きをしているお店は、あまり信用しない方がよいといえます。そして代々受け継ぐことを前提として、店員さんが商品を紹介してくれるかということも大切です。そもそもお店で購入しようとしているものは、本来、代々受け継いでいくものです。そのため将来のことを考慮しながら一緒に選んでくれる店員さんがいるお店で購入するべきと言えます。そして近年ではインターネットで購入することもできます。非常に便利ではありますが、裾野で仏壇を購入する際には、自分の目でしっかりと確かめるためにも、店舗で購入した方がよいでしょう。