Menu

裾野で仏壇を購入した後のお手入れや気をつけたいことなどの紹介

仏壇は、一に掃除、二に勤行、三に学問と言われています。それほど常にきれいにしておくことが、仏様へのなによりの敬意となります。また、それと同時に、丁寧に注意して取り扱うことで、十分に長持ちさせることにもつながるでしょう。しかし直射日光や湿気、乾燥などには非常に弱く、水気を含むもので掃除をしたり、指紋をつけたままにしておくと、傷みの原因となります。日頃から直射日光にあたる場所に置くのは避け、風通しの良い場所に置くようにしましょう。また取り扱う場合には細心の注意を払い、汚い手で扱うことは避けましょう。手を洗い、しっかりと水気を拭き取ってから扱うことが大切です。日頃から扱いに注意したり、適切なお手入れをすることが大切になります。裾野で仏壇を購入した後には、どのようなお手入れをすればよいのでしょうか

日常的なお手入れの方法と注意点とは

部屋をきれいに掃除して清潔を保つのと同様に、裾野の仏壇も日頃から手入れを行い、清潔に保つことが大切です。基本的には木製であるものがほとんどなので、水分を含んだもので掃除をすることは避けましょう。日常的な手入れ方法としては、柔らかいハタキなどを使ってホコリをきれいに払います。そして柔らかい布を使ってから武器をするようにしましょう。硬くてこわごわとした布を使ってしまうと、傷がつく可能性もあります。線香やろうそくによってついた汚れは、水で濡らして固く絞った布で拭きとった後に、しっかりと乾拭きをします。漆塗りの部分は特に水気に弱いので、必ず乾拭きをしましょう。細かい部分にほこりがたまり、払いにくい場合には、筆を使って払うと、きれいにホコリを払うことができます。細かい細工や金箔仕上げの部分があるので、慎重に取り扱うようにしましょう。

一年の節目にはしっかりとしたお手入れをしましょう

日頃のお手入れも大切ですが、お彼岸やお盆、正月などの一年の節目の時期には、しっかりとしたお手入れをする必要があります。専用のクリーナーも販売されているので、クリーナーを使って掃除をするのもよいでしょう。まずは木部のお手入れです。固く絞った雑巾で汚れを拭き、すぐに乾拭きをします。木部であっても漆塗りや白木の部分は、水拭きはしないようにしましょう。漆塗りの部分は柔らかいハタキを使って乾拭きをしましょう。直接手で触れると、油分が残り傷みの原因になります。金箔部分もハタキを使いましょう。直接布をつかって拭くと、金箔が剥げる可能性もあります。もしも色がくすんだり、剥げがある場合には、修理も検討しましょう。引き出しの取っ手や蝶番などの金属部分は、汚れが気になる時には、薄めた中性洗剤を使って拭いた後に乾拭きをします。剥がれの原因になるので、金属磨きの使用は避けましょう。このように裾野で仏壇を購入した後には、しっかりとお手入れをすることで長持ちさせることができます。仏様のためにも、日頃から清潔を心掛けることが大切です。