Menu

裾野で仏壇を上手に購入するためのポイント

優美な姿を見せる富士山に抱かれた裾野市は先端技術の研究都市であり、沼津市や三島市のベッドタウンとしても大変住みよいエリアとなっています。伝統的な仏壇メーカーが多めということで有名な静岡一帯にあって、工業製品のメーカーが多い地となっています。仏壇の販売店は3店ほどあり、品揃え豊富な有名チェーン店もありますので、さまざまなタイプから選ぶことができる店舗に恵まれていると言えます。近年の全国的な傾向として、旧来の重厚感ある豪華な作りの大型タイプの仏壇よりも、比較的コンパクトで洋室に置いても違和感のないデザインの家具調タイプが好まれるようになっています。工業地帯のベッドタウンとして核家族世帯が多い裾野においても、マンションのリビングにも馴染む洋風デザインの家具調が好まれる傾向が強まっています。

室内のインテリアに自然に馴染むタイプが最適

洋風タイプが好まれつつある裾野でも、伝統的なタイプとして根強い人気を誇っているのが、静岡が国内二大生産地の一つとなっている唐木仏壇です。木材の美しさが映える黒檀や紫檀などで作られていて、上置型やダルマ型など洋室にも置けるデザインの製品もあります。高級タイプでは、金箔・漆塗りの豪華な作りの製品も好まれています。最近人気の、リビングなどの洋室にも違和感なく置ける家具調タイプには、洋風デザインが映えるウォールナットやメープル材などが使われ、ほかの洋風家具などとの相性も考え、インテリア全体に馴染むことを目指して作られています。現代ではマンション以外でも仏間のある住宅が減っていますので、どんな部屋のインテリアにも馴染む家具調タイプの人気は、今後も高まっていくと考えられます。

置く場所を決めてから希望するタイプを明確に

種類にかかわらず、さまざまな製品を扱う販売店の多くが、ネット上にも出店する時代となりました。利用する側にとっては店舗を探す段階から大変便利になりましたが、その反面、多くの店舗のどの製品を選んで良いのか迷うことも多くなっています。漠然と選び始めると時間ばかりかかってしまうことになりかねませんので、ある程度まで自分の希望するタイプを明確にしておくことが大事です。裾野にある販売店でも、ネットで製品が閲覧できるようになっていますので、唐木タイプか家具調タイプかなどが決まっていれば、比較的早めに希望に叶う製品が見つかる可能性があります。購入前の大事なポイントは、良さそうな製品がいくつか見つかった段階で、ショールームに足を運んで、実物を見て吟味することです。ネット越しに見る写真では色や大きさがわかりにくい面がありますので、実物の確認が上手な購入の決め手です。